眉毛のお手入れについて

眉のお手入れは必要不可欠

眉って、必要な毛であると同時にムダ毛でもありますよね。体の中の毛でこんなにも頻繁に手入れをされる毛って、他にはないのではないでしょうか。それだけに、地毛の眉の形が綺麗でない人にとっては、眉のお手入れは面倒な作業です。どんな方法でのお手入れが良いのでしょうか。

簡単なお手入れの手順

まずは「ムダ毛を剃る」。腕毛やすね毛同様ムダ毛の一種ですが、眉のお手入れにシェーバーを使う場合は、眉専用のものを用意しましょう。

眉のムダ毛お手入れ用シェーバーは、歯も小さくコンパクトで目元の凹凸にも沿うように角度が工夫されているようです。眉用のシェーバーでのお手入れは手軽で、時間もかからず仕上がりもとてもきれいです。眉のアウトラインを作ることができるので、メイクも楽になります。

次に「ムダ毛を抜く」。ピンセットや毛抜きで眉の無駄な部分を抜いていきます。根元からすっきりと処理することができるので、次のお手入れまでの間隔が長いのがうれしいです。

ただ、ムダ毛を根こそぎ取り去ってしまうので、全体のバランスやアウトラインに注意が必要です。無理な力をかけたり、毛流れに沿っていないと肌を痛めることもあるので注意が必要です。

ただ濃い眉毛を薄くしたいなど、密度の調整をしたい場合はこの方法が良いような気がします。

剃るよりも切るのが基本

最期に「ムダ毛を切る」。「剃る」でも「抜く」でもないのですが、眉のお手入れには必要な場合もある方法です。

眉の毛先はアウトラインから出てしまうけど、根元から処理すると薄くなりすぎてしまう、そんな場合です。つまり半分ムダ毛、もう半分は必要な毛という状態です。眉専用の小型のハサミを使って、切るだけです。アウトラインや眉の立体感など、微調整をするのに使えます。

まとめ

眉のムダ毛を「剃る」にしても「抜く」にしても「切る」にしても、大切な目のすぐ近くで刃物をや金属を扱うということを、常に心に留めておかなければなりません。また、目の周りの皮膚はとても薄く、傷や色素沈着ができやすくもあります。刺激を感じたら、その方法でのお手入れはやめたほうが良いでしょう。

眉の濃さや形は人それぞれなので、自分に合ったお手入れ方法を探すことが大切です。はじめのうち失敗することもあるかもしれませんが、描けばカバーできるし、眉はまた生えてきます。

眉をお手入れすることで顔の印象はずいぶん変わるので、「剃る」「抜く」「切る」どれか一つの方法だけではなく、いくつかを組み合わせて、より安全できれいな仕上がりになる方法を見つけてください。

最近では顔の脱毛をする方なんかも増えてきています。

顔のムダ毛をなくすことで肌を明るく見せることができたり、眉を整えたりと同様に顔を綺麗に見せる効果がありますので、おすすめです。

・外部リンク
全身脱毛フリークス-ムダ毛に悩むすべての女性へ-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です