眉毛のお手入れについて

眉のお手入れは必要不可欠

眉って、必要な毛であると同時にムダ毛でもありますよね。体の中の毛でこんなにも頻繁に手入れをされる毛って、他にはないのではないでしょうか。それだけに、地毛の眉の形が綺麗でない人にとっては、眉のお手入れは面倒な作業です。どんな方法でのお手入れが良いのでしょうか。

簡単なお手入れの手順

まずは「ムダ毛を剃る」。腕毛やすね毛同様ムダ毛の一種ですが、眉のお手入れにシェーバーを使う場合は、眉専用のものを用意しましょう。

眉のムダ毛お手入れ用シェーバーは、歯も小さくコンパクトで目元の凹凸にも沿うように角度が工夫されているようです。眉用のシェーバーでのお手入れは手軽で、時間もかからず仕上がりもとてもきれいです。眉のアウトラインを作ることができるので、メイクも楽になります。

次に「ムダ毛を抜く」。ピンセットや毛抜きで眉の無駄な部分を抜いていきます。根元からすっきりと処理することができるので、次のお手入れまでの間隔が長いのがうれしいです。

ただ、ムダ毛を根こそぎ取り去ってしまうので、全体のバランスやアウトラインに注意が必要です。無理な力をかけたり、毛流れに沿っていないと肌を痛めることもあるので注意が必要です。

ただ濃い眉毛を薄くしたいなど、密度の調整をしたい場合はこの方法が良いような気がします。

剃るよりも切るのが基本

最期に「ムダ毛を切る」。「剃る」でも「抜く」でもないのですが、眉のお手入れには必要な場合もある方法です。

眉の毛先はアウトラインから出てしまうけど、根元から処理すると薄くなりすぎてしまう、そんな場合です。つまり半分ムダ毛、もう半分は必要な毛という状態です。眉専用の小型のハサミを使って、切るだけです。アウトラインや眉の立体感など、微調整をするのに使えます。

まとめ

眉のムダ毛を「剃る」にしても「抜く」にしても「切る」にしても、大切な目のすぐ近くで刃物をや金属を扱うということを、常に心に留めておかなければなりません。また、目の周りの皮膚はとても薄く、傷や色素沈着ができやすくもあります。刺激を感じたら、その方法でのお手入れはやめたほうが良いでしょう。

眉の濃さや形は人それぞれなので、自分に合ったお手入れ方法を探すことが大切です。はじめのうち失敗することもあるかもしれませんが、描けばカバーできるし、眉はまた生えてきます。

眉をお手入れすることで顔の印象はずいぶん変わるので、「剃る」「抜く」「切る」どれか一つの方法だけではなく、いくつかを組み合わせて、より安全できれいな仕上がりになる方法を見つけてください。

最近では顔の脱毛をする方なんかも増えてきています。

顔のムダ毛をなくすことで肌を明るく見せることができたり、眉を整えたりと同様に顔を綺麗に見せる効果がありますので、おすすめです。

・外部リンク
全身脱毛フリークス-ムダ毛に悩むすべての女性へ-

脱毛ビギナーにおすすめの賢いサロン選びの秘訣

最初はだれもがビギナー

脱毛ビギナーが迷わない初めてのサロン選び

きれいな女性でいるためにも最近では昔よりもむだ毛処理にたいする意識が上がってきています。
男性が女性を見るときのポイントもすべすべでむだ毛のない肌が当たり前というような認識を持っていて、また女性同士もお互いの美意識で評価するので、隙のないむだ毛処理をしていないとおしゃれに無頓着な人というイメージが定着してしまうかもしれません。

そこで脱毛ビギナーが初めてサロン通いをするのであれば、どういったことに注視すればよいのでしょうか。
迷わないサロン選びのこつについて見ていきましょう。

まず最近では脱毛サロンというと広告などで多く見かけることも多いのではないかと思いますが、そのなかから自分に合ったところを選ぶのはなかなか大変なことです。
まず考えたいのは、その脱毛サロンは全国に店舗がある大規模なものかそれとも比較的小規模なものなのかということです。

というのも引っ越しなどをした場合年間ですでに一括で料金を支払っていた場合、ほかの地域でも通いやすいところでないと続けるのになにかと負担になってしまいます。
そういった地域性、また通いやすいかも選ぶ上で重要視されています。

お試し脱毛にぴったりな施術箇所

そして知っておきたいのは脱毛サロンでは脱毛する部位によって料金が変わるということです。
例えば両手の指の毛よりも足の脱毛のほうが範囲が広いのでそれだけ料金も高いですし、また施術時間もやはり長くなります。

そのため最初のお試しでという場合は、低料金で比較的ラインナップされている指や脇などが良心的ではないでしょうか。
また最近では、顔脱毛も人気なので顔の産毛が気になる場合試してみてもいいかもしれません。

お安い時期を見計らってお得に通う

また脱毛サロンは比較的年間通して同じ価格ではなくて、シーズンによって価格の上下幅があります。
たとえばシーズン中よりもシーズン外の方が当然料金は安くなっており、少しでも安い時期にと考えるのであればそういった時を狙うのがいいでしょう。

では脱毛サロンにとってのシーズンオフはいつなのかというと、それは多くの女性があまり半袖などを着なくなる時期である冬にかけてです。
冬から春にかけてよりも、秋から冬にかけてのほうがシーズンオフのキャンペーンも活発的です。

なので年間一括払いなどもこの時期に予約して支払うのが金銭的にだいぶ優れています。
脱毛は肌のことを考えるからこそ安いことだけがメリットではないですが、同じ施術なら少しでも安いほうがいいにきまっているでしょう。

キレイになりたくて受けたのに・・・脱毛施術のトラブル

脱毛にはトラブルがつきもの
脱毛をして肌をツルツルにすれば女性らしさは倍増します。でも、サロンに行き脱毛しても時には肌トラブルが起きる事もあるのです。ここでは脱毛施術を受けた際に起こる副作用について知りましょう。

火傷をしてしまう

フラッシュ脱毛にしてもレーザー脱毛にしても、火傷になる事があります。光やレーザーによって毛根に直接熱を与えるためです。光やレーザーにより毛が生えてくるのを抑える事ができますが、熱による皮膚の反応は人により違います。

肌質は人によって様々で敏感肌の人には特に起こりやすい皮膚トラブルです。また施術する日の体調によっては火傷が起きやすかったりもします。

痒みを生じるブツブツができる

脱毛をした後にブツブツができたりそれに伴う痒みを生じたりする事もあります。このようなブツブツができる理由は皮膚に傷ができてそこから菌が入り込んでしまい炎症を起こした事が原因です。

シミができてしまう

紫外線ケアを怠っている人や、生活態度が悪い人は肌に負担をかけています。そのような状態で脱毛施術をすると、皮膚に傷をつけやすいです。そして、傷ができると紫外線に対しての免疫力が衰えてシミなどを引き起こします。

肌トラブルを防ぐためにできる事

脱毛施術を受ける前の肌のコンディションによっては施術後の結果が違ってきます。状態が悪いと肌トラブルを起こす事もあるので、事前にできるだけ肌のコンディションを整えておくといいでしょう。
脱毛するにあたっては肌の乾燥は良くありません。乾燥している状態では肌の水分が不足しています。それ故、カサカサの状態ですから、脱毛をすると肌がダメージを受けやすいのです。

ですから、普段から保湿するように心がけておくといいでしょう。また肌を温める事も有効です。肌を内側から温めるようにすれば、皮膚が柔らかくなります。そして毛穴も開いてくれます。
皮膚を温める事で皮膚にかかる施術の負担も減らす事ができます。やり方はお風呂に浸かって体を芯から温める事や、タオルを濡らしてからレンジで温めたものを、脱毛したい場所に3分程度当てておく事でも、効果があります。

脱毛後に気を付ける事

脱毛した後というのは肌が弱っている状態です。ですから、紫外線などの影響も普段よりも大きくなりますから、紫外線対策はしっかりとしておきましょう。脱毛した後は普段よりもシミやそばかすができやすい状態にあります。

それからもし赤みが出てきて、痒くなった時には手でかきむしるような事はしていけません。傷口ができてそこから菌が侵入してくる可能性があるからです。綺麗になるために脱毛施術を受けるのですが、時には副作用が出てしまう事もあります。

消費者庁に届いているトラブルはこちらから確認できます⇒美容医療サービスに関するトラブル|国民生活センター

肌トラブルを起こさないように普段からケアもしておきましょう。